「オミナエシ」

令和2年9月17日

葛城山の天気

湿度

風速 メートル/秒

アクセスマップ

駐車場は、葛城山ロープウェイ登山口駅手前の御所市観光協会駐車場をご利用ください。

アクセス方法はこちら

おすすめプラン

「オミナエシ」

令和2年9月17日

令和2年9月17日

春の七草といえば、そのお粥
を人日の節句(1月7日)の
朝に一年の無病息災を願って
食すものですが、秋の七草は
尾花(ススキ)、桔梗、撫子
に藤袴、葛、萩、そしてこの
「女郎花…オミナエシ」です

奈良時代から鑑賞されてきた
と言われるオミナエシ、青い
空に黄色い花がよく映えます

今回「オミナエシ」と読むと
初めて知りましたが「女郎」
と書くその花言葉は「美人」
「儚い恋」だそうで、秋風に
揺れる姿が、繊細で寂しげな
女性に因むと言われています

こうしてみますと秋に咲く花
の花言葉は、夏に別れを告げ
どこか寂しげな空気を漂わす
秋のイメージにピッタリくる
ものが多いような気がします